ページ番号

ここでは LaTeX でページ番号を編集する方法を紹介します.


ページ番号を消去する

すべてのページのページ番号を消去するには \pagestyle コマンドを,特定ページのページ番号を消去するには \thispagestyle コマンドを使用します.これらのコマンドの引数に empty をとることでページ番号を消去することができます.

\pagestyle{empty} % すべてのページ番号を消去
\thispagestyle{empty} % 特定のページ番号を消去

LateXサンプル

\documentclass[11pt,a4j]{jarticle}

% プリアンブル
\pagestyle{empty} % ← \pagestyleはプリアンブルに書く

\begin{document}
  ・・・
\end{document}

1ページ目のページ番号が消えない場合の対処法

\pagestyle コマンドを使用しても1ページ目のページ番号が消去されないことがあります.多くの場合この現象は \maketitle コマンドが原因です.\maketitle は内部でページ番号を表示するコマンドを呼んでいるため,ページ番号を消去しても設定が上書きされてしまいます.この現象を回避するには \maketitle の後に \thispagestyle コマンドを使用すればOKです.

LateXサンプル

\documentclass[11pt,a4j]{jarticle}
% プリアンブル
\title{タイトル}
\author{著者名}
\date{日付}
\pagestyle{empty} % ← プリアンブルに\pagestyleを書く

\begin{document}
  % タイトルを出力
  \maketitle
  \thispagestyle{empty} % ← ココに\thispagestyleを書く
\end{document}

\pagestyle コマンドと \thispagestyle コマンド

\pagestyle\thispagestyle はページ番号を消去するだけのコマンドではありません.これらのコマンドを引数を変更して使用することでページ番号の表示箇所を変更することもできます.使用可能な引数を以下に示します.

引数意味
emptyページ番号を出力しない
plainフッタにページ番号を出力する
headingsヘッダにページ番号とドキュメントクラス依存の文字列を出力する
myheadingsヘッダにページ番号とドキュメントクラス依存の文字列を出力する.ヘッダに出力される文字列を \markboth\markright コマンドで定義可能

ページ番号の形式を変更する

ページ番号の形式を変更するには \pagenumbering コマンドを使用します.\pagenumbering は引数によって変更する形式を選択できます.使用可能な引数は以下のとおりです.

引数説明LaTeXサンプルの実行結果
arabicページ番号をアラビア数字にするarabic
romanページ番号を小文字のローマ数字にするroman
Romanページ番号を大文字のローマ数字にするRoman
alphページ番号を小文字のアルファベットにするalph
Alphページ番号を大文字のアルファベットにするAlph

LateXサンプル

\documentclass[11pt,a4j]{jarticle}

% プリアンブル
\pagenumbering{roman} % ← \pagenumberingはプリアンブルに書く

\begin{document}
  ・・・
\end{document}

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.