外部ファイル

LaTeX で卒業論文などのサイズの大きな文章を書く場合は,例えば章ごとに文章ファイルを分けておき,基本となるファイル(ルートファイル)に読み込ませるようにすると編集作業が容易になります.ここでは LaTeX で外部の文章ファイルを読み込む方法を紹介します.


外部ファイルを読み込む

外部ファイルを読み込むには \input コマンドを使用します.

\documentclass[11pt,a4j]{jarticle}

\begin{document}
  \input{./input1.tex}
  \input{./input2.tex}
\end{document}

input1.tex

\section{セクション1}
  ・・・
\subsection{サブセクション1}
  ・・・

input2.tex

\section{セクション2}
  ・・・
\subsection{サブセクション2}
  ・・・

LaTeXサンプルの実行結果

外部ファイルを読み込んだLaTeXサンプルの実行結果

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.