三角関数

ここでは LaTeX で三角関数や双曲線関数を出力するための方法を紹介します.
(ここで紹介するコマンドはすべて数式モードで使用可能なコマンドです.)


三角関数 (trigonometric function)

例えば sin を書くときに,そのまま sin と書いてしまうとイタリックで表示されてしまいます.これを回避するには \sin のように,前に "\" をつけます.

LaTeXサンプル

\begin{eqnarray*}
  \sin x \\
  \cos x \\
  \tan x
\end{eqnarray*}

LaTeXサンプルの実行結果

sinx cosx tanx

三角関数の逆数

三角関数の逆数を書くには \frac コマンドを使用して分数表記で書いてもよいのですが,LaTeX には \csc,\sec,\cot コマンドがそれぞれ用意されています.

LaTeXサンプル

\begin{eqnarray*}
  \csc x & = & \frac{1}{\sin x} \\
  \sec x & = & \frac{1}{\cos x} \\
  \cot x & = & \frac{1}{\tan x}
\end{eqnarray*}

LaTeXサンプルの実行結果

cscx secx cotx

逆三角関数 (inverse trigonometric function)

逆三角関数を書くには "^{-1}" を使用して -1 乗形式で書いてもよいのですが, LaTeXには \arcsin,\arccos,\arctan コマンドがそれぞれ用意されています.

LaTeXサンプル

\begin{eqnarray*}
  \arcsin x & = & \sin^{-1} x \\
  \arccos x & = & \cos^{-1} x \\
  \arctan x & = & \tan^{-1} x
\end{eqnarray*}

LaTeXサンプルの実行結果

arcsinx arccosx arctanx

双曲線関数 (hyperbolic function)

LaTeXには \sinh,\cosh,\tanh,\coth コマンドが用意されています.

LaTeXサンプル

\begin{eqnarray*}
  \sinh x \\
  \cosh x \\
  \tanh x \\
  \coth x
\end{eqnarray*}

LaTeXサンプルの実行結果

sinhx coshx tanhx

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.